スキンケア

  

6つの効果

肌の状態はその日によって違うものです。
調子がいい時には潤いのあるつや肌を維持することができますし、調子が悪い時には吹き出物が出たり乾燥したりすることもあります。
肌トラブルが増えてきたなと感じたら、それは肌の回復機能が弱まっている証拠です。
シンプルなスキンケアで肌を回復させてあげるのを一番に考えましょう。
肌の調子が落ちている時には、あれこれと化粧品を塗ってケアすること自体が肌の負担になってしまいます。
低刺激で成分的にも安心な化粧水で保湿して、乳液かクリームでふたをするというシンプルな方法で、肌への負担を極力減らして、回復を待つのが大切です。
肌の調子が上向いてきたらいつものお手入れ方法に戻してあげて、肌に栄養を与えるのが良いでしょう。

オイリー肌でもないのに顔がテカったりニキビができたりすることがあります。
テカりの原因は皮脂の過剰分泌ですが、間違ったスキンケアがテカりを招くことがあります。
体には防衛機能が備わっていて、肌が乾燥してくると皮脂をたくさん出して乾燥から肌を守ろうとします。
テカりが気になって一日に何度も洗顔したり、さっぱりタイプの化粧品を使っていて保湿不足になっていたりすると、肌が乾燥してしまいます。
乾燥を和らげようと皮脂が頑張って分泌されてしまうため、テカりが出てしまうのです。
改善法としては、洗顔は朝と夜の二回だけにすることと、保湿をしっかり行なう事です。
保湿不足は乾燥の原因になってしまうので、乳液やクリームでスキンケアの最後にふたをするのが重要です。